久喜つばめが考える教育の問題

まずはこちらをご覧ください。

ここからわかること…

  • 世帯年収が高いほど学校外の活動(塾や通信教育など)にお金をかけている。
  • 世帯年収が400万円未満の世帯だと学習費の半分(45%)を学校の活動にかけている。(世帯年収1000万円超の世帯は約30%)

このような中で子どもたちは学校生活を送っているのです。


塾に通う子が多くなるとこうなるのでは…

  • 塾などで学んでいる子どもたちがどんどん答えてしまって授業がどんどん進んでしまう。
  • 授業が進むことでなんとなくできたつもりになる。

もちろん、このような学級状態でも一人ひとりの子どもたちに配慮し、一人ひとりを伸ばしている先生もいます。

しかし、子ども、家庭は先生を選ぶことはできません。その先生と1年間過ごさなくてはなりません。

ではどうするか?

そのための場が無料塾であり、久喜つばめ学習会